2016年4月15日金曜日

体操教室を行います

本年の4月1日に診療報酬が改定されました。
診療報酬とは、国が定める医療の単価です。
これにより、窓口でお支払いいただく料金が若干変化することになります。
今回の改定において、大きな話題は「紹介状なしの大病院受診に一定額の自己負担」ですかね。


さて、久しぶりに体操教室を行います。
開催要領は次の通りです。


今回の内容は「吹き矢」であります。
近年はスポーツ吹き矢が密かな?ブームとなっておりますが、医学的にも十分な効果が得られます。
例えるなら、ウォーキングと同等あるいはそれ以上の効果も期待できるのです。

まだ定員に達しておりませんので、ご興味のある方は是非ご一報くださいませ。


2016年3月4日金曜日

スポーツ障害の予防

2月28日の日曜日。
当院のリハビリスタッフが豊川高校剣道部にお邪魔しました。

その目的は…
『メディカルチェックを行うことで、柔軟性・筋力・バランスなど自分の足りないところや問題となる危険因子に気づいてもらい、障害予防に対する選手個々の意識を高める。
また、顧問の先生方に選手の状況を把握していただき、障害予防のためのセルフコンディショニングなどを確認してもらう。』
です。

実は、2回目の開催となります。
当院のスタッフにとりましてもよい経験になることから、リハビリ部門の責任者と顧問の先生の間で打ち合わせを行い、ずうずうしくお邪魔した次第であります。
トレーニング指導は個別実施を基本とし、手持無沙汰になる生徒さんがいないよう配慮。
第1回目の時に指導した「体幹トレーニング」を普段の部活動に取り入れてくれており、前回は体の硬かった生徒も、柔軟度が増しているなど、一定の効果は見られました。




一方で、全般的に股関節周囲筋の硬さが目立っていたようにも思え、引き続きストレッチトレーニングの重要性をしっかり理解してもらったうえで、継続して行ってもらいたいものです。

(当院リハビリスタッフ(最後列)と豊川高校剣道部の皆さん)

2016年2月15日月曜日

2度目の更新は2月…

年明け2回目にして久しぶりの更新となってしましました。
女性タレントや国会議員の不倫騒動、アイドルグループの解散騒動等は関係ありません。
ただただ時間がとれず、今日に至ってしまった次第で不甲斐なく、反省しております。

この間、1月の終わりには豊橋市保健所による立入検査が行われました。
と言っても、何か悪いことをしたわけではありません。
定期的な立入検査で、医療法をはじめとした法制度を遵守しているかのチェックが主な目的であります。
あらかじめ届け出ている事項に不備はないか、新たに整備された法制度に則した運営を行っているか等を書類や現場における確認を行います。
そこで指摘された事項は速やかに改善を図り、以って健全な医療サービスの提供を心がけることの啓蒙も立入検査の意図に含まれていると思われます。
特に重大な違反事項はありませんでしたが、細かな指摘事項については速やかに改善してまいります。

さて、知る人ぞ知る、と言いますか、部外者はほとんど知らない、どうでも良い話です。
当院の事務長は軽度の「鉄オタ」で、ことあるごとに小ネタをスタッフに披露しています。
その影響かどうか、スタッフから次のような写真が寄せられました。

2016年1月1日金曜日

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になり、また、このページをご愛顧くださいまして有難うございました。
本年も変わらぬご支援ご指導のほど宜しくお願い申し上げます。
門松は自家製のもの。
したがって「何だ、こりゃ?」と思われる方がお見えになるかも。
まあ、自己満足が半分程度あることは否定しません。
これでも年末に何日も何時間もかけて制作したものです。
縁起ものですので、ね。

私たちはもちろん、皆様にとりましても良い年になりますように。

2015年12月26日土曜日

師走の出来事

長年使用してまいりましたコピー機。
今の時代では単なるコピーではなく複合機というのですが、パーツの生産が終了するために故障しても修理できなくなるとのこと。
ビジネスホンでも同じことを言われ、数か月前に更新したばかり。
グチグチ言っても仕方ないので機器の更新を行いました。
いろいろな機能が付属してきますが、基本的にアナログ人間が多いので宝の持ち腐れにならないか心配です。
仕事をする上で特に事務系は必要不可欠な機器でありますから、タイミング的にはクリスマスプレゼントと言っても良いでしょう。

リハビリではこんなもの。
そう、吹き矢セットの新調。
巷ではスポーツ吹き矢が流行りつつあるとか。
肺活量の増強や姿勢の矯正に効果があると言われています。
当院ではリハビリテーションとしての使用になりますので、「やりたい」からと言ってできるわけではありません。
あくまでも治療ですので、対象となる疾患があって、改善のためのリハビリテーションであり、リハビリテーションのための一器具となります。

あと、年末だからというわけではありませんが、夏から連載しておりますコチラ。
地元のフリーペーパーで月に2回発行されておりますプラネッツ。
以前にもお伝えしましたように毎月、後半号に当院院長の記事が掲載されております。
毎回テーマは変わっておりますが、是非ともご覧いただきたいものです。
そのうち、ある程度まとめてココにも掲載するかもしれません。

クリスマスや正月の準備等もあり、普段よりも慌ただしいのが師走です。
今年は暖冬と言われておりますが、くれぐれも油断されないよう。
手洗いうがいは徹底的に行い、とにかく風邪をひかないようにご留意ください。
それでは、良いお年を。